▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
特定非営利活動法人(NPO)ふくしま飛行協会 週間ジャーナル
ぺんぺん草通信 第466号
                             2012/02/25
                             編集責任者 斎藤喜章
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

【ピアスと肝】

 「このごろ昭和演歌を聴きながら、既に彼方に言った親のことを考えメラン
コリーの時間にまどろんでいる。漠と沈んだ心は当然のように涙の反応を示
し、一人ぼっちの書斎で暫しのトリップを楽しむようになった。」(466号)

 ・・・といったものの、まどろみの流れる時間はあっという間に覚醒する。

 昭和歌謡や演歌だの、上手い歌手は三十路・四十路の女性歌手が多い
ようだ。和服も似合うお年頃である。
四季を先取りした柄や縁起の良いデザインはハイビジョンのTVに美しく
華やかに映し出される。

 充分ズームアップに耐え得る化粧は目じり鼻じりまでミスのない仕上が
りである。ハイビジョンの精細な画面がそのように要求しているのだろう。

 センチメンタルなまどろみの時間を寸断するのが耳にあいたピアスの孔
(アナ)である。
どうも筆者には肉体に故意に付けられた傷としか見えないのである。
筆者、女性(男性もであるが)の耳を美しく飾るピアスは決して嫌いではない。

 なぜ和服姿のときはピアスを着けないのであろう。

多分、ディレクターあたりが「和服なんだからピアスを外せ!(推測)」とか何と
か言っているのかもしれない。
しかし、言いたいことは「ハイビジョンの画像はそこまで見えるのだから堂々
とピアスをお付なさい」「衣装負けしない素敵なピアスを着けて美しく艶やかに
ステージにお立ちなさい」・・・と。

 だが、細にも子にもピアスも和服も久しくも・・・、進呈していない自身に恥じ
入っている。

 自家用操縦士のパイロット・ライセンスに話は変わる。
どうせ変わるのなら筋立てや流れなど一切無視して180度転換するのが
よろしい。

 さて、そのパイロット・ライセンス、2年に1度、更新フライト試験を受け、合格
しないとライセンスを返納しなければならないというのも。

 筆者等はこの制度を航空安全担保から歓迎をしている。

 タダ、手放しで歓迎しているわけではない。当該協会のように飛行場・飛行
機・上級パイロットと優秀なパイロットの集団という、恵まれた環境にあるから
歓迎と言っているのであり、環境に恵まれない中、愚直に努力しいるボランテ
ィア・パイロットとどのように協力させていただくか、ここが肝なのである。

 だから、当該協会がNPO法人になったのだ。
この肝のお話はいずれ・・・また。

 

               世界一安全安心な美しいふくしまを目指そう!!

=============================FFA
【スカイパーク情報】 
・電話連絡 024-558-6880(スカイパーク) です。
*ふくしまスカイパークのHPを随時更新しております。ご参照ください。
http://www.ffa.or.jp/fsp

=============================FFA

【活動報告】
2/4  AM11:00 県北サポート事業発表会 コラッセ
2/4  PM13:30 NPOフォーラム2012 AOZ
2/15 13:30 ふくしまサポートセンター審議委員会
2/16 定期会計監査
2/21 航空技能審査制度(仙台空港CAB内:13:00) 
2/23 ふくしまスカイパーク運営協議会(福島市役所602号室) 

【今後の予定】
3/2 再生可能エネルギー懇談会(小濱東北大教授と福島市議会会派)
3/20 チェルノブイリ報告会(報告:斎藤)
3/30 指定管理者 辞令交付式(管理棟)

==============================FFA
NPOふくしま飛行協会 斎藤喜章