▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
特定非営利活動法人(NPO)ふくしま飛行協会 週間ジャーナル
ぺんぺん草通信 第463号
                             2012/01/22
                             編集責任者 斎藤喜章
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

【非行協会(2)】

 飛行協会が「ヒコウ・キョウカイ」になって、ついに「非行協会」になってしま
ったお話の続きである・・・

 その前にチョットだけ別件を少々。

 筆者の住む福島市でNPO活動をしている「NPO法人 ルワンダの教育を
考える会」の理事長代理をしている カンベンガ・マリールイズ女史と久しぶ
りに懇談をした。

 諸兄も周知のことだろう、1994年ルワンダは民族紛争(政治・宗教も含む)
で多くの犠牲者を出してしまった。女史は、その惨状と現実を訴え、福島市を
中心に日本国中講演会を開催、その講師謝礼や寄付によって、ルワンダに
15教室を持つ小学校を建設・運営している。
既に卒業者を輩出、元気に中学校に通っているという。

そしてマリールイス女史がこんなことを語った。

【女史】
震災で心が縮んでいる福島の中学生や高校生をルワンダに招待したい。
内向きになっている心を開いてあげたい。ルワンダは、まだ貧しい国だけど、
笑顔がある。将来を考えている若者も多い。
だけど、招待者をテント・ハウスやキャンプに宿泊させようとは思わない。
大臣や政府高官の自宅に泊めさせるんだ。少年たちは今はその意味が
わからなくても、近い将来、そのことは大きな希望の種になるだろう・・・。

 何と暖かな言葉であろう。何と勇気を与えてくれる言葉であろう。

 「飛行協会」が「非行協会」となったからクレームをつけました、などと言う
「尻の*が小さい」話はどっかに吹っ飛んでしまうような清々しい勇気を
もらった。

 ・・・といいながら、前回【ぺんぺん草通信(463)】で連絡(クレーム?)した
ことを報告しますと言ってしまったので、一応の報告を。

 クレームと言っても、担当の営業店に電話をし「飛行協会が非行協会に
なっているので修正してください。現場が間違いましたという返事では困り
ますヨ」と優しく丁寧に連絡を差し上げたのである。

 流石に元国営企業現某NTT、事の重大さご承知のようで、東北支社◎◎
支店営業統括責任者から電話でのお詫びと訪問した上での説明責任を果
たしたい。更に、東北支社◎◎支店長の押印のある今後の対応と改善の
報告書・・・。

 多分、社内では大事になっているのだろうと思うが、こんな小さな事(ミス)
が政治問題や国際問題になる事だってあるのだから、良い機会であったと
考えて欲しい。

 筆者、総括責任者から電話を頂いたとき「ピンチをチャンスに」とお互いに
激励しあった。そして、訪問までは不要ですと・・・と。

                世界一安全安心な美しいふくしまを目指そう!!

=============================FFA
【スカイパーク情報】 
・電話連絡 024-558-6880(スカイパーク) です。
*ふくしまスカイパークのHPを随時更新しております。ご参照ください。
http://www.ffa.or.jp/fsp

=============================FFA

【活動報告】
12/25  ふくしま飛行協会機体展示場 大掃除
12/28 スカイパーク御用納め
1/11 PM18:30 NPOフォーラム2012運営委員会 場所:サポセン

【今後の予定】
1/27 PM18:30 まちの駅 場所:AOZ 多目的ホール 
2/4  AM11:00 県北サポート事業発表会 コラッセ(場所未定)
2/4  PM13:30 NPOフォーラム2012 AOZ

==============================FFA
NPOふくしま飛行協会 斎藤喜章