▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
特定非営利活動法人(NPO)ふくしま飛行協会 週間ジャーナル
ぺんぺん草通信 第448号
                             2011/09/24
                             編集責任者 斎藤喜章
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

【病床六食(3)】

 今、フクシマの地は暖かな光を求め、コンクリートの裂け目から芽を出す
雑草のように草の根が声を発しようとしている。

 3.11から放射能の不安と葛藤、世情の混沌の中で戦い続けた声なき声と
知性の耳が重なり合い共鳴するのが「ふくしま会議」だ。
ふくしま会議の目的、それは「3.11の未曾有の体験の中でフクシマの
現状を踏まえ、草の根の声なき声、NPO法の活動分野の方々、内外の識
者の知見をもって福島の人々がいま聞きたい話を聞き、いま語りたいことを
語る場所を創設する運営体である。そして、福島県のこれまでとこれからを
語る内外の英知と声なき声を結集し、不安からの開放、破壊から再生、絶
望から希望へと立ち向かう人々が、直接語り合いフクシマの声を世界に届
けていくことを目的とする。(ふくしま会議運営委員会規約【案】」と書かれて
いる。
ホームページ:http://www.fukushima-kaigi.jp/

 筆者も再生可能エネルギー部門でふくしま会議に参加したいと思っている。
病床六食を書きながら自身を身の程知らずと苦笑してしまう。何とか食らって
元気をつけてフクシマの声を発信したいと思っている。

 元気をつけるにはトロロとうなぎ、いや「豚の三枚肉の角煮」がよろしい。
なんと言っても角煮が食って生きてきた精神風土が元気の源になる。
角煮といえば薩摩料理、下級武士であった西郷や大久保たちも食しただ
ろう。そしてチェストーと心身を鍛え舵の折れた日本丸を世界に発進させた。

 食材のビタミンB群が元気にしてくれるのかもしれない。

 メイン・デッシュの豚の角煮、以上のことから優れて病食によろしい。きれい
な三層に分かれた豚肉は不要な脂分が十分抜かれ、時間を掛けて煮上げた
身が箸先でとろけるようにくずれていく。数々の香辛料を使った煮付け方は
只者ではない仕事、パラリと掛けられた薬味のネギの小口は料理自体を引
き締め、目にも訴えてくる。

 これを食しフクシマを発進したくなるような病床三食目であった。

 フッ〜〜。

 これで未提出通信二回分を一気に書き上げ、ようやく遅れを挽回した。
ぺんぺん草通信第446号までの数年間、無欠勤・無遅刻の連載であったが
二週続けて欠稿してしまった。

 ようやく挽回したつもりで悦に入っている筆者に、筆者自身がエールを送っ
ている。

 
世界一安全安心の美しいふくしまを目指そう!!

=============================FFA
【スカイパーク情報】 
・電話連絡 024-558-6880(スカイパーク) です。
*ふくしまスカイパークのHPを随時更新しております。ご参照ください。
http://www.ffa.or.jp/fsp

=============================FFA

【活動報告】
8/6 第2回アルカディア会議 福島大学 前回同様会議室 11:00〜
8/21     風船割り大会・BBQ(雨のためBBQのみでした)
9/9 スカイパーク新観光事業実行委員(会場:福島市役所 501会議室)
9/22 定期会計監査

【活動予定】
9/28 ふくしま会議運営委員会              
10/8-10/16 「夢ふくらまそう!ふくしまの空」(ふくしま会議プレイベント)
週間とし以下を行う。
・第2回全日本曲技飛行競技会 10/8-10/10
・がんばっぺ!ふくしまの空(りんご祭)   10/15-10/16
11/11-13 ふくしま会議



==============================FFA
NPOふくしま飛行協会 斎藤喜章