▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
特定非営利活動法人(NPO)ふくしま飛行協会 週間ジャーナル
ぺんぺん草通信 第433号
                             2011/06/04
                             編集責任者 斎藤喜章
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

【研究室505(3)】
 
 F大学はそんなに大きくはない大学だが、社会科学系の蔵書は随分多い
と言う。近代の日本社会科学の世界で一石を投じた大塚久雄の生涯蔵書が
収められ、結構その手のファンも見に来る。

 それらを治めた図書館がキャンパス内、大そうの松葉林に包まれた小高い
丘の上に立っている。丘と言っても階段で登っても20段ほどの小高い場所と
言ってもいいくらいだ。だからスロープでも登れるようなところである。

 この図書館のアプローチ階段の脇に小さな地蔵が4体立っている。
随分昔、首塚だったとか言われる場所だ。罪人の刑場だったなどとも聞く。

 学生は、気づかないのか、無視しているのかは知らないが、どうも意識して
通過しているようには見えないのである。

 馬手に書籍、弓手にアンパンと言う雰囲気で仲のよさそうなカップル学生
が通っていく。そう、図書館に通う学生たちはカップル系が多いのである。

 学生時代という限られた時間の中にあって、本を読む男子はこのスタイル
こそ「本能的に女子に好かれるかもしれない」と思っているのかもしれない。
女子は女子として「本を読んでいる男子は、利発そうで素敵!」とか、「成績
優秀、いい会社に入れば将来安泰だわ」とか、「頭の良いDNAは頭が良い
子が生まれるはず」・・・。

 しかし、カップルで図書館内に入ったとたん、男子のほうは、別の女子の
姿を追ってる。

 筆者は、その地蔵のベンチに座り、そんなことを勝手に想像しているが、
相当前に供養されたと思う「南無・・・・」と書かれた塔婆が風雪で薄汚れ
今にも倒れそうな雰囲気は妙に精神をトリップさせる。

 今日は雨が降っている、これから梅雨に向かう。

F大学の放射能レベルも福島市内、いや福島県全体の汚染地帯は洗い流
され川へ流れ一級河川へ、そしていずれ海にたどり着く・・・。

自然の摂理だが地蔵に向かって「何とかしろ」と言いたくなる。

               世界一安全安心の美しいふくしまを目指そう!!

 

=============================FFA
【スカイパーク情報】 4/24日現在

・5月2日からスカイパークは通常運用を開始します。但し、会場内には
危険箇所(道路ヒビ割れ・一部崩れ)がありますので、告知の看板の
案内にご協力をお願いいたします。

・スカイパークは、公園法で定めた公園ではなく、場外離着陸場です。そのた
め公園監視の職員は配置されておりません。皆様のモラルあるご協力で
管理しておりますのでよろしくお願いいたします。

・電話連絡 024-558-6880(スカイパーク) です。

*ふくしまスカイパークのHPを随時更新しております。ご参照ください。
http://www.ffa.or.jp/fsp/

=============================FFA

【活動報告】

5/29 少年少女航空教室「日本宇宙少年団福島隊 きぼう」
5/30 理事会 18:30 北沢又事務所
5/30  福島県北振興局におけるヒヤリング(9:30 理事長出席)

【活動予定】
6/5 ふくしま飛行協会 定期総会 Wing・Cafe 18:00〜

【以下の行事は本日現在、未定です】

8/21     風船割り大会・BBQ
10/8-10/16 銀の翼週間とし以下を行う
・第2回全日本曲技飛行競技会 10/8-10/10
・エアロスピリッツ りんご祭   10/15-10/16



==============================FFA
NPOふくしま飛行協会 斎藤喜章